おたからやフランチャイズへ加盟を検討中の方は、売上や利益は上がるのかと不安に感じているのではないでしょうか。そこでこのページでは、おたからやフランチャイズの売上に関するオーナーの声を集めてみました。

①おたからやフランチャイズオーナーの実際の売上
②おたからやフランチャイズは安心して運営できるのか
③おたからやフランチャイズのモデル収支

今回は多くの方が気になっている上記3点について詳しくお伝えします。おたからやの売上に関するネガティブな意見とポジティブな声のどちらもご紹介するので、加盟を検討中の方は後悔のない判断ができるよう参考にしてください。

1.おたからやフランチャイズ店舗の売上に関する調査

まずは、おたからやフランチャイズの売上に関する声と、現オーナーが実際にどれくらい売上をあげているのかをみていきましょう。

<オーナーの声①>

事前の説明と異なり、儲からない。これからフランチャイズ契約を考えている方は事前の説明で「一撃で35万の利益」「数日で100万円近い利益」などなど、とにかく簡単に儲かると説明を受けていませんか?全てが嘘とは言いません。しかし「2坪1人で3億の売上」なら本部が全てやって加盟店にそんな利権を渡しません。

<オーナーの声②>

買取専門店舗は立地が重要である。実際には、集客の見込みのない立地であるにも関わらず、さも簡単に稼げるシステムで誰でもできると説明され、必ず成功するかの様な話を毎日聞かされて、本部が全力でサポートするかの様な話をされて、営業の人間を信じて契約をしてしまったら最後。誰でも出来ると説明され、集客、売上の見込みのデータは全くあてにならず本部に助けを求めても「努力が足りない」と無視される。結局は高額なロイヤリティやチラシ発注に苦しめられることになります。

簡単に利益を出せる、必ず成功するといった説明を受けたにも関わらず、実際には儲からず本部からサポートもしてもらえないといった声があります。また、集客や売上の見込みデータはあてにならず、ロイヤリティやチラシ発注などの費用がかさみ、経営が苦しくなったという方がいらっしゃいます。おたからやフランチャイズの売上に関する声には、事前に受けた説明ほど儲からなかったという声が多いです。

<丸山オーナー>

売上は2,000万円を超えます。単月ですよ。先日、ロレックスが6日間連続で来たので、1ヶ月で6,000万円はいけると見込んでいます。この金額が実現できるのは、本部サポートのおかげです。特に事前入金制度は大きいです。1回の接客で180万円の買取をした時、次の日の買取資金が足りないかもって不安になるじゃないですか。そんな時、電話1本ですぐに買取資金を入金してくれるので、加盟社としては安心して高価なものでも買い取れます。

<山本オーナー>

当店は1日の来店数が5組〜10組くらいなのですが、1件の接客で粗利200万円くらいになったり、単月の売上では2,000万円以上と、次の決算では億を絶対超えています(2021年4月オープン、取材は2022年2月)。なので、値段を気にせずに買い物ができるようになりましたね。開業当初だけでなく今でも売り上げは立っているので出店を計画しています。まずは3店舗、その先はスタッフさんと話し合って広げていけたらいいのかなと思います。

<塚本オーナー>

私はまったくの業界未経験者なので、最初に本部の研修に行ったとき「こんなやり方で上手くいくのかな?」と思っていました。けれど経営してみると、開業した初月から売上は1,300万円ほどと、想像を上回る結果となり、成功している本部の真似をするのが一番うまくいくことがわかったのです。SVという頼れる相談相手がいるおかげで成約率は96%くらい。「おたからや」のリピーターも多く、実証が済んでいる戦略を本部から吸収できるので、アドバイスを真摯に受け止めて行動するのが成功の秘訣だと思いました。本当に本部のノウハウって凄いです。

<金島オーナー>

現在、2店舗を社員5名で運営しています。これを最低でも5店舗にして社員ひとり1人に一店舗ずつお店を任せたいと思っています。2店舗運営させてもらって売上も上がっていますし、本部と相談して勝算があると感じているので多店舗展開していきます。未経験だった社員が一人で月粗利500万円くらい上げているのですよ。これは勝算を感じますよね。

<古俣オーナー>

もともと会社員で人脈も知識もお金も無かった私でも、一人で運営できてノウハウもあって、少額で始められるのが「おたからや」でした。「おたからや」は利幅を自分で決められるのも魅力です。先日4キャラットのダイアがきて一つで700万円の売上になったんです。粗利は言えませんが「あぁ、夢があるな~、これがおたからやなんだな」と感じました。売上が立てばユックリ休めますし、当店のお客様は自転車・徒歩・バスで来店される方が多いので、雨が降るとお店をお休みにしちゃいます。「おたからや」のお陰で夢だった「社長」になることができました。

おたからやオーナーからは、上記のようなポジティブな声があがっています。

  • 1件の接客で粗利200万円
  • 一人の社員で月粗利500万円
  • 開業初月から売上1,300万円
  • 単月で売上2,000万円超
  • 成約率96%

など、夢のような数字ですが、実際に叶えているオーナーが多くいらっしゃいます。
さらに、売上をあげているオーナーは多店舗展開を考えられているので、さらに大きな売上が見込まれます。もちろん、全ての方が成功する事業などありませんが、実際に利益をあげて成功しているオーナーも多いため、おたからやフランチャイズは儲からないと一概には言えないでしょう。
なお、成功しているオーナーは、おたからや本部からのアドバイスを真摯に受け止めて行動しているように思えます。事業において成功事例を真似することは重要なため、オーナーの声を参考にしながら、おたからや本部のアドバイスを取り入れるのが成功の秘訣と言えるでしょう。

2.おたからやフランチャイズ店は安定運営できるの?

おたからやフランチャイズでは、実際に大きな利益をあげているオーナーがたくさんいらっしゃいます。では、おたからやフランチャイズは安定して店舗運営を続けられるのでしょうか。おたからや本部が用意しているサポート内容をふまえてみていきましょう。

2-1.おたからやフランチャイズが安定運営できる理由

<事前入金制度>

事前入金制度は、高額商品を買い取るために必要な資金を、おたからやが事前に入金してくれる制度です。おたからやフランチャイズには、貴金属やブランド品などが持ち込まれることが多く、買取のためには多額の現金を準備しておく必要があります。しかし、多額の現金を手元に用意するのはオーナーにとって簡単なことではないでしょう。このようなオーナーの不安を払拭するのが事前入金制度です。本部に電話1本するだけで事前に入金してもらえるため、安心して事業をすることができます。

また、おたからや本部が査定をした商品に関しては、本部が即時入金してくれます。店頭に在庫を置くことがないため、オーナー自身が販売する必要はありません。おたからや本部の持つ独自ルートを用いてスムーズに現金化ができるため、オーナーは品物を買い取った瞬間に収益を確定させることが可能です。

買取店にも関わらずランニングコストを抑えることができ、運営資金に困ることが少ないのがおたからやフランチャイズの特徴と言えるでしょう。

2-2.おたからやフランチャイズで安定運営ができる理由

おたからやフランチャイズには、事前入金の他にも安定運営ができる様々な仕組みがあります。それぞれ詳しくみていきましょう。

<小規模運営で低資金>

おたからやフランチャイズは、お客様から買い取った商品を店頭に置くことがなく、すぐに本部に発送します。そのため販売スペースや在庫スペースを確保する必要がなく、小規模店舗での運営が可能です。狭いスペース・小さい物件で事業を始められるため、開業資金も抑えることができます。小規模で店舗を運営できるのは、オーナーの金銭的な負担を軽減する上でも重要なポイントと言えるでしょう。

<少人数運営で低コスト>

おたからやフランチャイズは、小さいスペースで店舗を運営できるため、その分少人数での経営が可能です。少人数であれば人件費を抑えることができ、低コストで店舗運営ができます。事業をする上で人件費は大きなウエイトを占めるため、月々の人件費を抑えられるのは安定して事業を続けるためにも、利益を最大限にするためにも重要なポイントです。

<在庫リスクゼロ>

おたからやフランチャイズでは、本部で査定した品物は本部が買い取ってくれるため、その日のうちに換金することが可能です。買取店で販売する必要がないため、在庫を抱えるリスクがありません。そのため、安心して店舗運営を続けられるでしょう。

3.おたからや加盟店のモデル収支について解説

おたからやフランチャイズは、安定した店舗運営が可能です。また、成功しているオーナーも多数いらっしゃいます。では、おたからやフランチャイズでは実際にどれくらいの利益が出るのでしょうか。おたからやの月間平均金額を元にしたモデル収支をみてみましょう。

【売上】25,974,025円
【買取額】15,584,415円
【粗利額】10,389,610円
【経費合計】3,350,000円 ※家賃・人件費・広告費・ロイヤリティ・諸経費など
【営業利益】7,039,610円

上記は2021年の直営店の月間平均金額を元にしたモデル収支です。あくまで一例にはなりますが、月間平均の金額でも営業利益が700万円を超えています。知識や経験がゼロでも大きな利益を生み出せる可能性があるのは、おたからやフランチャイズの魅力と言えるでしょう。

4.まとめ

今回はおたからやの売上に関するリアルな声を取り上げてみました。もちろん、誰もが成功する事業は存在しないため、ネガティブな声もありましたが、それ以上に大きな利益をあげているオーナーのポジティブな声が多数ありました。おたからやフランチャイズに加盟を検討中の方は、どちらの意見にも耳を傾けながら、公正な判断をしてください。偏った意見だけに惑わされず、ご自身で正しい情報を汲み取り判断することが重要です。

<こちらの記事も参考にしてください>

参考記事:買取専門店「おたからや」はなぜ評判が良いのか?第三者の顧客満足度データから検証してみた